ひととおり


雪、降りましたね。
多分一回融けるんだろうなぁと思いながらも、ほっとくわけにはいかないくらい積もったので、ひと通り片づけました。
家の前やって、駐車場やって、仕事場やって。
今シーズンもはじまりましたね。

つのつく歳


下っ子のケイタの誕生日でした。
きまって誕生日にプレゼントを送ってきてくれるおばさんからの手作りクッキーや、お母さんの手作りケーキ。すばらしい。
ここのっつ。
つがつく最後の歳。
つがつくまでの時間がとても大事なのだそうです。
さいごの一年。よい時間をすごしてもらいたいものです。

たまご


何かを作るための準備の時間。
びしっと図面を描いたり、正確な見積もりを算出したり、材料を整えたり、いよいよ作り始めるその前の時間。
話したり、触ったり、眺めたり、描いたり、試しに作ってみたり、考えるのをやめたり。
毎日の中で,頭の中は何かしらすべての案件のことを考え続けていて、アイディアが現実と、理想の間をいったりきたりしています。
たまごを温めるような時間。
何もできあがらなくて、じっと止まってるような時間だけれど、たまごの中ではゆっくりと、ちゃんと大きくなって生れ出る準備をしてる。
そんな時間だと思って、焦りをおさえながら、日々できるだけ良い時間をすごそうと思っています。

循環


木の仕事してると、おが屑が結構でます。
まともに捨てると産廃です。
最近このおが屑がほしいという人と何人か出会って、定期的にとりにきてくれています。
使い方はそれぞれ。
今日は馬を飼育されているという方。
馬屋に敷きつめるのだそう。
バラの花の栽培には、馬の糞とまざったおが屑の堆肥が重宝するんだそうです。
畑で発酵させて、堆肥にするという人もいます。
捨てるところは一つもない、物から物へ、人から人へ、小さな町の中の、ゆったりとしたやさしい循環。

そしてお礼にと、きれいなりんごを置いていってくれました。