じゃっぱ


冬は一年でたまったじゃっぱをストーブにくべて暖をとります。
念のため、じゃっぱ、は、端材とか、余りみたいな意味。
こっちでは、じゃっぱ汁なんて鱈のあら汁の郷土料理があったりしますね。
りんご箱のためておいたじゃっぱを火にくべながら、あ、こんなのも作ったなぁと、じゃっぱの姿を見ながら、それを作った時のことを思い出したりします。
これはノックダウンのテーブルの脚を作ったときに、高さを微調整して薄ーく残ったやつ。
芯が入ってるってことは、試作だな。