無事到着

BUNACOのスピーカーfaggioのスタンドがお客様の手元に無事届き、お写真をいただきました。

ちょっと背が高いものなので、大きいかなぁと心配もあったのですが、そうでもなく、ひかえめでいいんじゃないかなといういう感じ。
お客様も喜んでいただけたようで、こちらもうれしくなりました。
これまでのことを少し。
こんなふうに置かれているスピーカーを、今後TVを買い替えたり、TV台を買い替えたりしていく中で、独立してきちんと設置できる台を作りたいというご相談から始まりました。

当初お客様も僕も箱型のいわゆる 台 から発想が始まりましたが、だんだんと脚があるものに移っていったのは、普段から脚物の製作が多い仕事柄からくるものなのかなと思っています。

そして原寸の模型を作り、実際に配置のイメージを作ってみて、確認を繰り返していきます。
こういう確認をするのは、自分自身ホントに大丈夫かなと、腑に落ちるまで確かめたいという不安を確信にしたいということももちろんですが、一番はお客様が、そうかそういうことかと確信してご注文いただけるための材料を整えていくということです。

これは検討の途中で、ロボット掃除機がぶつかると、転げ落ちるかもしれない、をどうするかの対策中の写真です。
真鍮の丸棒できれいにガードを作れないか試作。
同時にお持ちの掃除機が、どんな動きをして、ぶつかるとどんな衝撃があるのかを色々試すうちに、落ちるほどの衝撃はないと判断。
最終的にガードが無い方がきれいだし、落ちるほどでもない、心配なら掃除をする時はちょっと寄せる、という結論に至り、ガードは無しとなりました。
この結論の中で、僕が一番大事だと感じているのは、心配ならちょっと寄せると考えていただけたことです。
僕ら作り手は、なんとか問題を解決したいと、あれこれ考えます。もちろんそこに強みがないとやってる意味がないわけで、必要なことですが。
でも、そこの押しが強すぎてもだめなような気がしていて。
試せることを沢山やってみて、材料を整えたうえで、今回のように、いいよ寄せるから っていう相互にこうしましょうかっていうコミュニケーションをとれた時はとてもいいものができるような気がしています。

ありがとうございました。

原寸


次に作るものの原寸図を描いています。
展示用の什器です。
お客様との打ち合わせの段階で大体寸法と姿のイメージはできていますが、分解や組み立てが必要なものだったり、角度が絡んできたり、サイズ感と使い勝手と全体の見え方の関係が大事な今回のような場合は簡単なものでも原寸図を描きます。

染め


できあがったテーブルに塗装をしています。
今回はちょっとかわった塗装をしています。
塗装というか、染めです。
鉄染めという技法で、木がもつタンニンという成分と鉄を反応させて黒く染める方法です。
タンニンが多い今回の栗は特に黒く染まります。
もうちょっと黒くなるかなぁと思っていたけど、藍色っぽい感じになりました。
これに今回はミヤマコ君にラッカーをぬってもらいます。
クリアを塗ると、ここからぐっと黒さが増して、渋い仕上がりになります。
黒の塗料を塗るのも手っ取り早いのですが、なるようになるこういう自然の色はやっぱりきれいだなぁと思います。
仕上がりが楽しみです。

faggio

なんだろうな~という紹介をしてきたこれ。
やっと出来上がって、帰省してこられたお客様もご覧になって、発送するまでの少しの間手元に置いて眺めています。

お客様からBUNACOのスピーカーfaggioの台を作りたいというご相談を受けて製作しました。
BUNACO独特の丸いフォルム。
この特徴的なデザインと相性がいい台。台。台。と考えてるうちに、スピーカーに脚が付いているようなデザインを思いつきました。


わからないことがおおいオーディオの世界でしたので、スピーカーの開発に携わった大学の先生や、オーディオショップの方など、お世話になりながらの製作でした。
色々な生きたアドバイスが、実際に盛り込まれて、強さのある設計になったと思います。
スピーカーの高さは、ソファに座った時に丁度耳の高さにくるような高さになっています。
この差は実際に聞いてみてはっきりわかる違いでした。よかった。
配線は足元のコネクタから後ろ足の中を通ってコネクタを介してスピーカーへつながります。
動かす時やもとに戻したいときなど、つなぐ、外すが容易であることはとても大事なこと。
そて、配線がすっきりしていることは、毎日のストレスを自然と減らしてくれます。
こういうところの使い勝手は、長く使っていく上で、こだわっておきたいところでした。
こういう必要な機能をクリアしつつ、姿を整えるのが、今回時間を費やした部分でした。


シンプルなふっくらした丸棒の三本脚の上に、ちょこんと乗っかるfaggio。
どことなく生き物のようなかわいらしい姿が気に入っています。

実際に音を出して聞いてみましたが、その性能も素晴らしく、まるで目の前にピアノがあって、目の前で演奏しているようなすばらしい世界でした。
いいなぁオーディオの世界。
とても貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

組み立て

脚の成形から組み立てまで。
なんとかお盆前に終わらせたい。

昨日吸い付きの仕口を加工した脚の両端を丸めていきます。

目標の墨付けをして、そこに向かって鉋で削っていきます。
リズムよく、リズムよく。

こんな感じ。

最後ペーパーでつるっと仕上げます。
そして、天板に打ち込んでいきます。

やっと完成。
角が無い、ぷるーっとしたなめらかなテーブルになりました。
こんなだったらきもちいいだろうなぁかっこいいだろうなぁっていう気持ちに、ずっと正直に作業を積み重ねてきました。
そいう正直を、こころよく受け入れてくださること、幸せなことだと思います。
ありがとうございます。

お盆明け塗装していきます。

まるめ

午後から天板の成形作業をみっちり。

丸のこで大まかに荒どりして。

あとは墨をして、墨を目安に鉋で荒どりの面をつないでいきます。

地道に。全周。

荒くザックリ丸くした面を、鉋をかえて綺麗に整えて。

さらに鉋の小さなでこぼこをペーパーで無くして、綺麗な曲面にしていきます。

ぷるっと柔らかい曲面が見えてきました。
2本の溝には脚が入り込み、同時に反りを止める反り止めの役割も果たします。
裏から見ると柔らかい印象だけれど、表を上にしてみると、きりっとした緊張感のある雰囲気になる、はず。
明日が楽しみ。