0

カートに商品がありません。

剪定鋸 長柄6尺、3尺

長柄 6尺と3尺です。
反りを入れたものを以前作りましたが、まっすぐなものなど、いろんなタイプが津軽にはあるようですが、今回はまっすぐなタイプ。
いさぎよくて、日本的というか、道具としてとても気持ちよいです。
1尺30cmくらいですので、180㎝と90㎝です。
この長いもので、遠くのタワタワした枝をバンバン切るっていうんだからすごいなぁと思います。

今回ご注文いただいたお客さんからは、金具を柄にネジで固定するタイプのものをご注文頂いておりましたので、お客さんにはネジタイプのものをお作りしました。写真とるの忘れた・・・。
製作しながら、なんだかうずうずしてきて、埋め込み式もいけるんじゃないかと思い立って、やり始めたものの、なかなか難儀な細工で、てこずるも、なんとかなりそうな手応え。
以前、鞘を作った経験が生きてるきがします。
ネジで固定するタイプのものも、やっぱり安心感というか、長年触ってきた、これじゃないとという感覚がきっとあると思います。
両方できますので、ご興味ありましたら是非お声がけください。

3尺。
片手で扱える長さです。

6尺。
この長さだと、片手で支えるとプルプルします。長いです。
実際は両手で持つ感じですね。

3尺はペーパー仕上げでつるっと丸い仕上がりですが、6尺は鉋上がりで、ごつごつした面を残した仕上げにしました。
ちょっとしたすべり止めというか、気持ちよい手触りです。
今回は山桜で作りましたが、きらきらして上品でいい艶です。

鋸柄を作る機会が多くなるにつれて、いろんな農家さんとお会いして、お話を聞く機会が増えてきました。
県内のりんご農家さん、りんごの他に桃を作ってる農家さん、県外のりんご農家さん、県外のサクランボ農家さん、県外の桃とりんごを作られてる農家さん。
それぞれに、それぞれの事情があり、それぞれの好みや、必要があります。
とても興味深く関わらせていただいています。
そういう農家さんとの時間が今とても楽しいです。
ありがとうございます。