道具


りんご農家の人たちが使う、折りたたみ式の剪定鋸の柄を作っています。
りんごの木です。
機能がそのまま姿になる、とても潔い形です。
でもその中身は、とてもシビアで必要な機能がつまっています。
今回は、農家の方と相談しながら、より使い勝手がいいように、金物の製作から関わっています。
今ある姿が、いかにやりつくされた姿なのか、何かに気づくたびに、なるほどねの連発。
先人の工夫がつまっています。
写真は、図面を引きながら、製作工程を作っていっているところ。

なるべく無駄が出ないように木取っていきます。
りんごの木らしい、いろんな表情。
ばーっと並べて、どれにしようかと腕組みしてしまうような、悩みがいのある特別なものになりそうです。

コメントは受け付けていません。