0

カートに商品がありません。

Blog.

箱いっぱい

そんどっこ。

Read More

復活

うれしい知らせ。見慣れたサイン。

Read More

いけるか?

大きなテーブルの天板。吸い付きの反り止めを付け終えて、一安心。助っ人を頼んでの年度末。あと一週間、何人助っ人いてもいい状況(涙)いけるか?いけるさ!ホントか?ホントさ!!

Read More

卒業

次男の小学校の卒業式でした。すんなり、なにごともなく、順調にともそう簡単にいかないなぁと思う子育てですが、なんとかかんとか、おかげさまで、たくましく育ってくれています。おめでとう。

Read More

いつのまにか

まだ少し寒いですが、緑は季節の変わり目を教えてくれます。毎年思うことですが、ふっと地面に目をやると、いつの間にか、ぴぴぴっと元気な緑の葉が地面から伸びています。よく見るとくるっと螺旋に巻いた青いしましまのつぼみが何個かありました。ああ冬終わったなと、毎年気づかせてくれるクロッカス。春がきたっていうよりは、冬が終わった、だなとクロッカスを見て思ったりしました。雪国の人には、春が来る前の、冬の終わりを感じることってあるんじゃないかな。

Read More

めざすべき

マタニさん。目指すべきはマタニだねと、妻とよく話します。何か物の姿をデザインするとき、何かを決めなければならないとき、マタニさんのことを思い浮かべることがあります。業種はちがうけれど、勝手にロールモデルのように思っている存在。 大きな天板が一枚接ぎ上がりました。明日もう一枚。腰がずーんとします。

Read More

板接ぎ

2m×1mの大きな天板になると、一人だと大きすぎて、板接ぎをする時、接着剤の乾く時間に間に合わないので、2回に分けて接ぎ合わせます。3分割でも、なかなかな重さ。一つになったらと思うと、ちょっと憂鬱になりますが、出来上がりを想像すると、期待が高まります。

Read More

はちみつ

金木で焼き物をされてる、ゆきふらしの猿田さん夫妻が、立ち寄ってくれて、車に一個あったからぁって、はちみつをくれました♪はちみつ一瓶って結構贅沢。ありがとう。ちょっと立ち寄って、これあげる、みたいなの、あこがれる。いつ会ってもいい感じの二人でした。

Read More

haname

何年か前に手がけた、hanameというプロダクト。今現在は販売していませんが、自分自身とても気に入っているプロダクトです。プロダクトというのかなぁ、なんというのかなぁ、お守りです。シードル工房kimoriさんと、シードルの廃瓶を使って何かできないかなぁというところから始まった物作り。文字通り花芽を意味する名前に込めた思いは、来年もいい花芽がつきますようにと、この花芽の妖精が沢山やどるりんごの木を、大切に育てていけますようにというりんごを作る人々自身の願い。農家さん自身に身に着けてほしいお守りになりました。プロダクトデザイナーの佐藤謙行君と、青森市で、ガラス製品を作っているripplesの小林君

Read More

混雑

工場の中が混みあってきました。椅子やテーブルなどの大きな家具類は、小さな鋸柄のようなものと違って、スペースも時間もかかるので、頭と体を、家具モードに切り替えて整理整頓しながら、じっくり進めます。こういう大きなものを作るのは、実は久しぶりなので、ちょっとモードの切り替えに苦心しています。

Read More