役割


こないだの薄いりんごの板
こんな輪っかになりました。
用途はこんな感じのキーホルダー
切れ目があって、木のしなりを使って簡単に開いてリングをかけられます。
わっかっていいですね。
丸い板から、丸わっかになったとたん、いろんな役割を得ることができる。
役割があるって、素敵なことだと思います。
それも、限られたことだけではなくて、とらえ方や、工夫しだいで、いろんな役をこなす。
自分が作るものは、自分も含めて、そうありたいなぁと思います。

試作


試作の椅子、というか、スツールというか、ベンチというか。
3社で取り組むプロジェクトがやっと姿になってきました。
皆で見て、使ってみて、次のことを。
作ることに、思ったより?思った通り?時間がかかって、かれこれ1年ごしになりました。
テーブルが完成に近づいてきて、椅子にとりかかっています。
丁寧に仕上げはしないものの、また皆で見て、実用に耐えるかどうか見極めるために、作り方は本番と同じ。
午後から半日で、どばっと息を止めてかかる。

ばらん


こないだ。
スーパーのお刺身なんかについてるバランを何気なく見ていると。
谷の隅っこが角より深く切り込まれてることが気になる。
当たり前ちゃあ当たり前かもしれないけど、とんがらせるためには、こうなるか。
こうしないと切残しがでてきそうだもんなぁ。
こうすると、山も谷もどっちもとんがるもんなぁ。
わざわざ2工程で切ってでも、このとんがりが大事にしたかったんだろうな。
この切れ込み過ぎ、どう?あり?無し?みたいな議論があったんだろうなぁ。
ん?とんがり?隅っこ?ってことは?
2枚のバランを、とげとげを向い合せに合わせてみると、おーぴったり合う。
ということは、切った相手も製品になってる?
おー効率よい。
ん?
2工程で切ってるってことは、流れる向きがあるな。
じゃあ、どっち方向に流れてる?
とげとげ方向?それとも横向き?
それとも広いやつから、いっぱい抜いてる?
ってことは、緑の縞々はロールになってるから、そのロールはどうやって作ってる?
とげとげほうこうなら、びゅーっとできてきそうだけど。
横向きなら、ひろーいの作ってきるのかな。
この縞々どうやってつくるんだべ。
すげーすぴーどで、ばばーーっとでぎねばまねべ。
もとは濃い縞の色くらいから、ぴゅぴゅっと伸ばして間隔つくるんだべが・・。
細いなんかはさんじゅー?それだば、材料3種類だべ?大変でねぇ?
こういう縞々したロールの間くぐってくれば、ついじゅんでねぇ?
うーん。
などと、答えもない想像をめぐらせて、トレーニングという名の妄想。
分かるはずもないようなことで、現場の人から見たら、なわけねーべみたいなことだけど、考えてるとわくわくしてきます。
えー変態ですよ。そうですよ。

バランス

日曜日。
日曜日は何をしようか。
仕事をしようか。
家のことをしようか。
子どもと遊ぼうか。
どこか行こうか。
庭仕事やろうか。
でも、なんとなく、仕事ばかりじゃだめだから、何かしようか。みたいな思考の流れ。
家のこと「も」しなきゃ。
子どもと「も」遊ばなきゃ。
なんかそういうのって、いやだなぁと思いながら。
でも、やらなきゃいけない仕事はいっぱいあって。
やらないと暮らしがままならないわけで。
仕事をしない不安というか。
でも、きっと、暮らしと仕事は車の両輪で、どっちも同じスピードで力強く進まないと、上手く進めないんだよなと思いながら。
でも、でも、と真剣に悩みながら、両手を広げてバランスを取りながら、ちょっとずつ人生を楽しめるようになったらいいなぁと思います。

納品


定番のLeather stool を今回はファブリックバージョンで作りました。
さらに

最近、提案する機会が増えてきたbenchもシリーズでお作りしました。
ベースが本当にシンプルな姿なので、いろんなバージョンを受け入れてくれるように思います。
お気に入りです。

おさまった状態です。
今回はお客様といろんなお話をして、アイディアを沢山出し合いながら、こんな姿になりました。
キッチンと対面するカウンターに片側をのせて使います。
天板はヤマザクラと栗、椅子はオニグルミと、いろんな木を使って、少しにぎやかで楽しい作りだけれど、機能的で、いろんな暮らし方に対応できる作りだと思います。
いつも元気な子供達がいる明るいご家族にぴったり。

いろんなお仕事をする中で、仕事を通じて知り合ったお客様に、こうやって腕を振るえるという喜び。
うれしいお仕事でした。
ありがとうございました。

stool&bench


朝、工場にきたら。
昨日できた椅子のホゾが全部抜けてた。
って夢を見た。
勘弁してくれ。
まじでへこんだ。

中学生


中学校の入学式でした。
こないだ涙の卒業式だったと思ったら、もう入学式。
見知った顔が、みんな真新しい制服姿で、いい顔してました。
どんどん過ぎていきますね。
いろいろ難しい3年間だと思います。
いい時間であってほしいと願います。
がんばって。おめてとう。

仕入


隙間をぬって材料を仕入れに行ってきました。
10数年かよった材木屋さん。
いまだに知らないことが沢山ある材のこと。
毎回いろんなことを教わっています。
いつみてもすごいリフトワーク。
うず高く積まれた材をゆらゆらさせながら移動させて、目的の材を出してくれます。
今日はクリとヤマザクラ。
満載でゆらゆらしながら帰ってきました。